JOOMO ジョーモ 使い方

JOOMO(ジョーモ)に脱毛効果はないの?

スプレータイプでムダ毛を毛穴から取り除けると話題のJOOMO(ジョーモ)ですが、JOOMO(ジョーモ)は「除毛」商品であり、「脱毛」商品ではないことを間違えないようお気をつけください。

 

全身脱毛に使用できると思われ、JOOMO(ジョーモ)を使用された方の多くが「脱毛したのにムダ毛が生えてきた。」とJOOMO(ジョーモ)を「詐欺」「嘘」と言われる傾向があります。

 

そこで、「除毛」と「脱毛」の違いを説明したいと思います。

 

まず、除毛とは肌の表面に出ている毛を取り除くことで、カミソリやシェーバーで剃る方法も除毛の一つです。また、クリームやJOOMO(ジョーモ)のようなスプレーなどの除毛剤を使う方法も除毛に分類されます。

 

ただし、カミソリやシェーバーで剃る除毛は剃った直後は肌から毛がなくなりますが、すぐに生えてくることが特徴で、カミソリ負けなど肌を傷める危険性も高い除毛方法なのです。

 

その点、除毛剤でのムダ毛ケアは剃るよりも次にムダ毛が生えてくるまでの時間は長いです。しかし、ムダ毛に働きかけるチオグリコール酸カルシウムにはタンパク質を溶かす性質があるので、ムダ毛だけでなく肌のタンパク質にも作用してしまう可能性もあります。

 

また、除毛は脱毛に比べて痛みが少ないですが表面上のムダ毛をケアするだけなので、長期的な効果は期待できません。

 

一方、脱毛はムダ毛を毛根から取り除くことで、毛抜きやピンセット・ワックス・家庭用脱毛器などによる自己処理する方法とエステやクリニックなどの施設で処理してもらう方法があります。

 

ただし、自宅での脱毛は毛穴が開いたり炎症による色素沈着など、トラブルを起こすリスクがあるケア方法です。

 

また、施設での脱毛は、エステでは光脱毛とニードル脱毛・クリニックでは医療レーザー脱毛が主に行われます。いずれも熱でムダ毛の毛根細胞を破壊し、ムダ毛を処理する方法で、破壊された毛根からは毛が生えてこなくなるため、長時間ムダ毛が生えてこない効果が期待できます。どちらも皮膚深部の毛根からの処理なので、多少の痛みを伴うことがあります。

 

JOOMO(ジョーモ)は除毛スプレーに分類はされますが、特殊技術のリキッドモイスト製法で毛穴の奥にまでムダ毛を溶かすチアグリコール酸カルシウムが浸透するので、毛穴からムダ毛を取り除くことができる除毛剤です。

 

そのため、一般的な除毛剤よりも効果は長続きすると言えますが、まったく生えなくなるわけではないことを知っておきましょう。

 

続けて使用することでムダ毛を生えにくくする効果はありますので、数回の使用で脱毛効果が無かったと落胆せず、まずは使い続けてムダ毛の変化を見ていきましょう。

>> ジョーモの詳細はこちら

関連ページ

JOOMO(ジョーモ)の使い方と安全性
JOOMO(ジョーモ)の使い方を説明しています
効果ないと言われる理由とは
JOOMO(ジョーモ)の使い方を説明しています