JOOMO ジョーモ 口コミ 副作用

効果を成分から分析

JOOMO(ジョーモ)に期待できる効果はムダ毛の脱毛ですが、他にはどんな効果があるのか成分から分析しました。

 

《JOOMO(ジョーモ)の成分は?》

 

・脱毛効果が期待できる成分
JOOMO(ジョーモ)の主成分チオグリコール酸カルシウムは、ムダ毛を溶かして脱毛へと働きかけます。

 

・ヒアルロン酸
JOOMO(ジョーモ)のモイスチャー成分として配合され、肌に潤いを与える効果に期待できます。

 

・オウゴンエキス
豊富なフラボノイドが含まれていて、シミ予防や抗酸化作用、抗炎症作用、保湿、メラニンを合成する物質の抑制などに期待できます。

 

・アロエエキス
保湿や肌荒れ予防に効果が期待でき、色々な化粧品に使用されている成分です。

 

・シャクヤクエキス
お肌を整える効果が期待できる成分です。

 

JOOMO(ジョーモ)の成分を見ると、脱毛成分や美容成分が配合されているため、ムダ毛対策をしながら美肌ケアにも期待できます。

 

《JOOMO(ジョーモ)は臭い?》

 

JOOMO(ジョーモ)の脱毛効果や肌に優しいという点が魅力でも、除毛剤特有のツンとした匂いは?と心配な方も多いと思います。

 

・JOOMO(ジョーモ)はシトラス系の香り!
ワンプッシュ押すとシトラス系の爽やかな香りが広がり、特有の匂いを気にしないで使用できます。

 

また、主成分のチオグリコール酸カルシウムは、匂いを抑えた脱毛成分としても有名です。

 

>> ジョーモの公式サイトはこちら

 

 

JOOMO(ジョーモ)は危険?それとも安全?

 

JOOMO(ジョーモ)は、男性の濃いムダ毛でもしっかり除毛するため危険?と感じる方もいるかと思います。

 

そこで、JOOMO(ジョーモ)は危険?それとも安心して使えるのか調査しました。

 

《JOOMO(ジョーモ)は危険?》

 

・脱毛成分は危険?
JOOMO(ジョーモ)の有効成分は、チオグリコール酸カルシウムという厚生労働省認可の脱毛成分です。

 

また、チオグリコール酸カルシウムは色々な脱毛商品に使用されていて、危険性の低さや脱毛効果など有名な成分です。

 

JOOMO(ジョーモ)の成分を見る限り、危険という点はなく安心して使える除毛剤と言えます。

 

《危険な使い方はある?》

 

危険な使い方はあるか、JOOMO(ジョーモ)の公式サイトや商品の説明書を見たところ、危険というよりも使用の際に注意したい点がありました。

 

・連続的な使用は避ける必要がある。

 

・放置時間は10分以内厳守で。

 

・カミソリを使ってムダ毛を剃毛した場合、肌が正常な状態になるまで使用を控える。

 

・顔や粘膜性部位には使用をしない。

 

JOOMO(ジョーモ)は、正しい使い方をすると危険な除毛剤ではないものの、間違った使い方はトラブルの原因になるので、使用前は説明書に目を通すことが大切です。

 

【こっちもどうぞ】ジョーモを実際に使ってみました。